島嶼防衛―われらいかにして守るのか

↑↑拡大画像上でクリックすると、更に見やすく拡大表示されます。
(目次ページも、大きく表示して確認できます。)
 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
戦史の教訓が示す、島嶼防衛の鉄則とは?

周囲を海に囲まれた地形を外敵から防衛するには、尖閣諸島のような無人島、多くの人々が生活する先島諸島、そして日本やイギリスといった島嶼国家と、規模や質のレベルに違いはあっても、軍事理論的に共通する島嶼防衛の“鉄則”が存在する。
そうした鉄則は、島嶼国家である日本とイギリスの歴史的事例を比較すれば、分かりやすい形の歴史的教訓として示される。
日本の国防を考える際、必要不可欠と思われる「島嶼防衛の鉄則」に焦点を当て、その教訓を導く。

1.対馬・壱岐への侵攻
2.アルマダの戦い
3.20世紀におけるイギルス島嶼防衛戦
4.イギリスの伝統的島嶼防衛思想
5.日本の伝統的島嶼防衛思想
6.島嶼防衛の鉄則とは?
7.鉄則に則った島嶼防衛能力とは?
8.島嶼防衛を蔑ろにしてきた島嶼国家日本
付表…第二次世界大戦発生以降の主要島嶼攻防戦

A5判ブックレット・56ページ
北村淳/著

¥ 756

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

RELATED ITEMS