自衛隊を国防軍にする理由

↑↑拡大画像上でクリックすると、更に見やすく拡大表示されます。
(目次ページも、大きく表示して確認できます。)
 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
憲法を改正し、自衛隊を国防軍に!
世界的に見ても士気が高く、最も統率が取れているといわれる日本の自衛隊。
しかし、そんな自衛隊はずっと曖昧な立場に置かれています。
制約だらけの現憲法下では、現場隊員の判断を難しくさせ、隊員の身をも危うくしているのです。また、有事の際に対応が遅れ、出動時には既に勝敗がついている恐れもあります。
なぜ自衛隊を国防軍にしなければならないのか、阪神淡路大震災の災害派遣で指揮した元陸将の松島悠佐氏が、分かりやすく解説します。

Q.自衛隊と国防軍は、何が違うのですか?
Q.他国からミサイルが飛んできたら、今の装備で大丈夫?
Q.現憲法下では、自衛隊にどのような制約があるのでしょうか?
Q.世界で自衛隊は、どのように評価されていますか?
ほか

A5判ブックレット・64ページ
松島悠佐(元陸将)/著

PRICE

¥ 648

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する
  • Home
  • About
  • Blog