インド太平洋開拓史 ―2つの海の交わり

早川理恵子/著
明成社/刊
A5判・96ページ

江崎道朗氏推薦!
「太平洋の楽園」とイメージされている太平洋島嶼国が現在、中国の政治工作によって麻薬とサイバー犯罪の温床になりつつある現実を暴いた早川博士の研究は、世界の専門家たちに大きな衝撃を与えた。

◆太平洋に進出する中国の脅威にいかに立ち向かうべきか?
◎中国の海洋進出は、第二列島線のはるか東に位置する
 太平洋島嶼国にまで及んでいた!
◎安倍政権のインド太平洋構想を、海洋安全保障と島嶼国支援 政策に転換させた詳細が今明らかに!
◎戦前、太平洋の島々を開拓した日本人の姿を描き出す!
◎中国による太平洋島嶼国への政治工作の生々しい実態とは?

【内容】
序章 セキュリティダイヤモンドと太平洋の島々
1章 インド太平洋を渡ったバナナ
2章 西洋の植民―誰が最初に太平洋を分割したか?
3章 日本が開拓した太平洋の海
4章 冷戦下の太平洋の島々
5章 中国の進出―赤く染まる太平洋

¥ 770

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

RELATED ITEMS