学校教育の第三者評価と家庭の教育力を高める「親学」の推進を

日本会議・民間教育臨調/編
B5判・44頁

新教育基本法が成立したが、本書では学校教育と家庭教育の2つについて、具体的な教育改革プランを紹介している。とりわけ「親学」の取り組みへの提言は興味深い。教育再生への取り組みに役に立つ一冊である。

主な内容
 教育改革プラン 学校教育

   ○いじめ・未履修だけではない教育現場の隠蔽体質

   ○新教育基本法には国や地方の責任が盛り込まれた

   ○教育再生会議は第三者機関設置を提言した

   ○諸外国で進む学校評価制度

   ○第三者機関による学校評価で教育は変わる

 教育改革プラン 家庭教育

   ○現在の子育てを取り巻く環境の変化

   ○新教育基本法では、家庭教育の意義と行政の責任を謳った

   ○教育再生会議は家庭教育に関して「親学」を提言した

   ○最新の脳科学でわかった幼児期の教育の重要性

 ※ほか、資料等

¥ 514

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About
  • Blog