これだけは知っておきたい日中問題20のポイント

勝岡寛次/著
A5判・48頁

日中間の外交上の懸案事項は、実に多岐にわたっている。東シナ海ガス田開発や、尖閣諸島の領有権をめぐる領土問題。満洲事変、「南京大虐殺」、靖国神社参拝をめぐる歴史認識の問題。環境破壊、貧富の格差、民主化運動や、チベット・ウイグルなど「少数民族」に対する弾圧。軍備拡大、日本領海への侵犯事件、衛星攻撃兵器など、海洋宇宙政策にみられる中国の軍事的脅威、など、特に重要なポイント20についてわかりやすく解説する。

主な内容
日中間の外交上の懸案事項は、実に多岐にわたっている。

その中でも、

◆東シナ海ガス田開発や、尖閣諸島の領有権をめぐる領土問題

◆満洲事変、「南京大虐殺」、靖国神社参拝をめぐる歴史認識の問題や、遺棄化学兵器処理費用の負担問題

◆中国で広がる環境破壊、貧富の格差、民主化運動や、チベット・ウイグルなど「少数民族」に対する弾圧

◆二桁成長を続ける軍事費、日本領海への侵犯事件、衛星攻撃兵器など、海洋宇宙政策にみられる中国の軍事的脅威

◆日本の「日中友好」政策に反する中国の「反日愛国教育」

など、近年特に重要な20項目について、わかりやすく解説する。

第一章 日中関係の現状と、歴史を正す

 1 チベット、ウイグル等への侵略と弾圧
 2 毒入り冷凍餃子事件
 3 東シナ海ガス田開発問題
 4 尖閣諸島問題
 5 日本は中国を「侵略」したのか(満洲事変・支那事変)
 6 南京大虐殺記念館大拡張の背後にあるもの
 7 靖國神社参拝問題―首相は堂々と参拝すべし
 8 遺棄化学兵器に投じられた、膨大な国費の無駄遣い
 9 「愛国主義教育」という名の反日教育
 10 「中国」と「支那」、どちらが正しい呼び方なのか?

第二章 中国は究極的に何を狙っているのか

 11 中国共産党と胡錦濤政権
 12 恐るべき環境破壊と貧富の格差
 13 中国における「言論の自由」と民主化運動の弾圧
 14 中台関係の現状と将来
 15 中国の軍事力膨張と海洋宇宙戦略

第三章 日本は中国と如何なる関係を築くべきか

 16 日中「友好」に踊らされてきた戦後の日本人
 17 日中歴史共同研究に込められた中国の思惑
 18 「天皇訪中」の政治的利用を二度と許すな
 19 「戦略的互恵関係」をどう見るべきか
 20 四川大地震の教訓と今後の日中関係 

¥ 566

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About
  • Blog