首相の靖国神社参拝は当然です!

日本会議/編
A5判・48頁

首相の靖国神社参拝をめぐっては、激しい論争が繰り広げられていますが、その中には、余りにも基本的な誤りが数多くあります。
本書は、その誤りを正すべく、Q&A方式で疑問に答えながら、靖国神社と国家・国民の本来あるべき関係を明らかにしていきます。
ポイントをおさえているので、すぐに読め、沢山のコラムが理解を深めます。

主な内容
一 東京裁判といわゆる「A級戦犯」  
  [1] 「A級戦犯」とは何か? 
  [2] 東京裁判とはどんな裁判か? 
  [3] 「A・B・C級戦犯」の違いは?
  [4] 「平和に対する罪」とは? 
  [5] 「人道に対する罪」とは? 
  [6] 日本は講和条約で東京裁判を受諾? 
  [7] 日本国民は「戦犯」をどう遇したか? 

二 靖国神社とは
  [8] 靖国神社はどういう神社か? 
  [9] 「A級戦犯」合祀は誰が決めたか? 
  [10] 分祀や新たな追悼施設建設とは? 
  [11] 靖国神社参拝は軍国主義につながる?  

三 中国・韓国の干渉に抗す
  [12] アジアは靖国神社参拝に反対? 
  [13] 日中共同声明で日本は「侵略」を認めたか? 
  [14] 韓国は戦勝国か? 
  [15] 中国・韓国への援助は何故感謝されない? 
  [16] 中国・韓国の人たちの気持ちも考えるべきでは? 
  [17] 中国の参拝反対はいつ頃から? 
  [18] ドイツの戦後処理は立派か? 
  [19] いっそ靖国神社への参拝を中止したら?

マンガ 山下奉文大将とBC級裁判
靖国神社と護国神社へ参拝しましょう
コラム
「A級戦犯」合祀後も参拝する外国の要人たち/日本の無罪を主張したインドのパール判事/復讐の生贄「B・C級戦犯」/唯一処刑された文人、廣田弘毅元首 相/日本と中国の友好を願った松井石根大将/「Judgment」外務省条約局はどう見たか?/「戦犯」釈放運動に活躍した社会党/首相の公式参拝は憲法 違反ではない/坂本龍馬や女子学生も祀られている靖国神社/世界は戦没者をどのように追悼しているか?/遊就館を訪れた人たちの感想/大東亜戦争(太平洋 戦争)を評価するアジアの国々/支那事変(日中戦争)勃発の原因/日本の朝鮮統治と列国の植民地支配/我が国の対中ODA実績/中国・韓国との賠償問題は 解決済み/中国こそ軍国主義だ/ユダヤ人脱出に力を貸した日本人/朝鮮人慰安婦や労働者の「強制連行」はなかった

¥ 308

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

RELATED ITEMS