激動する世界と日本再建の課題

中西輝政/著
A5判・48頁

冷戦終結後の世界のグローバル化は、むしろ国家や民族の存在を際立たせ、イデオロギーによって世界を一元的にとらえる時代から、各国が、それぞれの立場や主張を掲げて動く時代へと突入した。
このような時代であればこそ、日本においては、靖国神社や天皇の存在が益々重要なものとなってくる。
敗戦による国家毀損で傷つけられた、日本文明回復の鍵を、壮大な文明論の視点から解き明かす。

主な内容
第一章 国家再生と靖國神社
 二十一世紀は国家が主役の時代
 人類の分明史上、特異な時代だった二十世紀
 中国問題と北朝鮮問題
 目覚め始めた国民
 靖国神社は国民精神の拠り所
 イギリスを救った若者たち
 果たすべき世代責任

第二章 日本文明の核としての「ミカド信仰」
 日本の進路を選択する国民に読んでほしい
 「一国一文明」の日本
 「縄文化」と「弥生化」
 換骨奪胎の超システム
 「神国日本」は生きている
 憲法改正こそ日本文明回復の鍵

¥ 566

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About
  • Blog